広告業界の主な職種

広告業界における職種は多種多様。
「広告」業界の中で、あなたは何をしたいのでしょうか。
広告業界について研究したら、次は職種について調べてみましょう。

ここでは広告業界における職種の一部を紹介。
この他にも様々な職種があるので、掲載していない職種については
ご自身で調べてみてください。

  • CM業界
  • グラフィック業界
  • WEB業界
  • クリエイティブディレクター

    広告の表現戦略からクリエイティブに関わる全てをまとめるリーダー的存在。略称はCD(シー・ディー)。
    企業の戦略を把握し、生活者や市場環境を理解し、コミュニケーションを企画・設計。
    主には広告会社のクリエイティブ部門に所属する人が多いが、最近では広告制作会社も広告主と直接取引をするケースが増えているので、広告制作会社に所属している場合もある。
    経歴もそれぞれで、コピーライターやアートディレクター、CMプランナー等からキャリアアップするケースが多い。

  • ストラテジックプランナー
    (アカウントプランナー)

    広告で商品やサービスを宣伝するための制作活動、そしてそれに関する調査の両方を行う、営業とクリエイティブの橋渡しとなる役割。
    広告主の課題を整理し、調査や効果的な宣伝をする表現方法等を考える。
    多様化する広告手法において、企画コンセプトとアイデアの両方を考えるマルチな能力が求められる。

  • コピーライター

    あらゆる広告コミュニケーションの軸となる「言葉」をつくる仕事。
    商品やサービス、ブランドの特長を出来る限り簡潔にわかりやすく伝え、生活者が使ってみたい、買ってみたいと思うように魅力を引き出す言葉を考える。
    また、最近では文案の作成にとどまらず、商品開発への参加や商品名、商品戦略の考案などを請け負う事も多い。

  • アートディレクター

    広告のビジュアル表現を統括する立場。略称はAD(エー・ディー)。
    広告や雑誌、商品パッケージなどグラフィックのビジュアルイメージをつくる責任者。広告する商品・サービスのコンセプトを基にどんなイメージにするかを考え、それに基づいたアイデアをデザイナーやカメラマンに伝える。企画力だけでなくデザイナーとしての才能も必要。

  • CMプランナー

    TV-CMを中心とした企画や内容のプランニングを行う。
    「CMを作る人」というより「CMを考える人」。
    15秒や30秒という短い時間で、いかに情報を正確に、しかも魅力的に伝えるか、すべてはCMプランナーのアイデアにかかっている。絵コンテを描くから、絵が上手な人が有利と思われがちだが、CMプランナーに必要なのはアイデア。
    もちろん、広告主に対するプレゼンテーションや制作スタッフに伝えるコミュニケーション能力は必須。
    特に制作会社のプランナーは映像監督であるCMディレクターになることが多い。

  • CMディレクター

    現場では「監督」と呼ばれることもありTV-CM制作現場の統括責任者。 商品やブランドという主役を15秒、30秒でいかに魅力的に見せるかを追求する演出家。
    ただし、予算はあくまで広告主からのものなので、自分の世界や表現にこだわり追求していく映画やテレビの監督とは多少異なる。
    より魅力的なTV-CM映像を目指すクリエイティブ面のリーダーとして、制作の準備に始まり、実際の撮影、編集の仕上げなど、すべてのプロセスでスタッフやキャストに指示を与える。

  • CMプロデューサー

    スタッフィングから予算そしてスケジュール管理等、完成に至るまでのすべてを取り仕切る最高責任者。企画案を実現させるために、オーディションの実施やロケ地の探索、カメラマン、ディレクター等スタッフの人選などを一手に引き受ける。
    基本的にはプロダクションマネージャーが付き、準備から撮影、編集までの現場を取り仕切る。
    スケジュール管理や予算等を守らなければならないため、クリエイティブセンスとビジネス感覚の両方のバランスが必要となる。
    広告主や広告会社、制作スタッフ等多くの人と関わるため、何よりも人から慕われる個性を兼ね備えていなければならない。

  • プロダクションマネージャー
    (TV-CM)

    企画から制作までTV-CM制作全体を通じ、準備・撮影・仕上げを統括する役割を担う。略称はPM(ピー・エム)。
    撮影にいたるまでは、ロケハンやロケ地・スタジオの交渉や手配、オーディション、各スタッフの手配・交渉、弁当やケータリングの手配、現場進行プランの作成などを行う。
    撮影現場では、全体の進行管理はもとより、エキストラ含め何十人という関係者の仕切りを行い、撮影終了後も編集の進行管理を担う。
    将来的にプロデューサーを志す人が多いが、中にはプロダクションマネージャーを経てディレクターになる人もいる。

  • カメラマン

    TV-CMやWEB映像を撮影する映像カメラマンと、グラフィック広告を撮影するスチールフォトグラファーとがある。

  • ライトマン

    TV-CMやWEB映像、グラフィック広告等の撮影において、視覚効果を高めるための照明を演出。カメラマンの指示のもと、共同で作業する。

  • 映像エディター

    TV-CMや番組用に撮影された映像素材を、企画意図に従って規定時間内に編集する。
    どの映像を使うか取捨選択する判断力や、生活者の興味関心を引き出す編集マンとしてのセンスが求められる。

  • CGデザイナー

    Maya、Autodesk 3dsMax、Adobe After Effects、Photoshop、Illustrator等を使用し、CMをはじめとする幅広い領域の広告映像のCG制作を行う。他のデザイナーや社内のエディターと連携を取りながら、仕事を進めていく。

  • MAエディター

    映像の本編集のテープに、セリフや効果音、音楽、ナレーションなどの音声を入れる。
    音によって、映像の印象が変わるのでどの音を、どのタイミングでいれるかバランスよく配置していくセンスが求められる。
    MA:Multi Audioの略語

  • ロケコーディネーター

    広告イメージに合う撮影場所の選定や撮影許可の申請、またロケ中に必要な人材や機材等の手配を行う。

  • SP(プロモーション)プランナー

    マス広告と連動したイベントやキャンペーンなど領域は広く、直接的購買に結びつける仕掛け(仕組み)を考えることが主な目的。
    既存の考えや手法に捉われず、広告主の課題解決をするために自由な発想が常に求められる。

  • PRプランナー

    マスメディアに取り上げてもらい、企業のブランド価値向上や商品・サービスの認知度向上に貢献する。企業にとって宣伝や広報は必要不可欠な存在のため、宣伝部や広報部を舞台裏でサポートする役目を担っている。マス広告はもちろん、「口コミ」「報道」「タイアップ」等様々な情報発信手法を組み合わせて広報プランを作成する。

  • クリエイティブディレクター

    広告の表現戦略からクリエイティブに関わる全てをまとめるリーダー的存在。略称はCD(シー・ディー)。
    企業の戦略を把握し、生活者や市場環境を理解し、コミュニケーションを企画・設計。
    主には広告会社のクリエイティブ部門に所属する人が多いが、最近では広告制作会社も広告主と直接取引をするケースが増えているので、広告制作会社に所属している場合もある。
    経歴もそれぞれで、コピーライターやアートディレクター、CMプランナー等からキャリアアップするケースが多い。

  • アートディレクター

    広告のビジュアル表現を統括する立場。略称はAD(エー・ディー)。
    広告や雑誌、商品パッケージなどグラフィックのビジュアルイメージをつくる責任者。広告する商品・サービスのコンセプトを基にどんなイメージにするかを考え、それに基づいたアイデアをデザイナーやカメラマンに伝える。企画力だけでなくデザイナーとしての才能も必要。

  • グラフィックデザイナー

    ポスターや新聞・雑誌の広告をはじめ、パンフレットや書籍、店舗の看板等の企画・制作を担う。クライアントや広告代理店、出版社等から依頼を受け、企画内容やコンセプト、ターゲットなどを確認しデザインを作成する。



  • コピーライター

    あらゆる広告コミュニケーションの軸となる「言葉」をつくる仕事。
    商品やサービス、ブランドの特長を出来る限り簡潔にわかりやすく伝え、生活者が使ってみたい、買ってみたいと思うように魅力を引き出す言葉を考える。
    また、最近では文案の作成にとどまらず、商品開発への参加や商品名、商品戦略の考案などを請け負う事も多い。

  • ストラテジックプランナー
    (アカウントプランナー)

    広告で商品やサービスを宣伝するための制作活動、そしてそれに関する調査の両方を行う、営業とクリエイティブの橋渡しとなる役割。
    広告主の課題を整理し、調査や効果的な宣伝をする表現方法等を考える。
    多様化する広告手法において、企画コンセプトとアイデアの両方を考えるマルチな能力が求められる。

  • CGデザイナー

    Maya、Autodesk 3dsMax、Adobe After Effects、Photoshop、Illustrator等を使用し、CMをはじめとする幅広い領域の広告映像のCG制作を行う。他のデザイナーや社内のエディターと連携を取りながら、仕事を進めていく。

  • カメラマン

    TV-CMやWEB映像を撮影する映像カメラマンと、グラフィック広告を撮影するスチールフォトグラファーとがある。

  • ライトマン

    TV-CMやWEB映像、グラフィック広告等の撮影において、視覚効果を高めるための照明を演出。カメラマンの指示のもと、共同で作業する。

  • ロケコーディネーター

    広告イメージに合う撮影場所の選定や撮影許可の申請、またロケ中に必要な人材や機材等の手配を行う。


  • SP(プロモーション)プランナー

    マス広告と連動したイベントやキャンペーンなど領域は広く、直接的購買に結びつける仕掛け(仕組み)を考えることが主な目的。
    既存の考えや手法に捉われず、広告主の課題解決をするために自由な発想が常に求められる。

  • PRプランナー

    マスメディアに取り上げてもらい、企業のブランド価値向上や商品・サービスの認知度向上に貢献する。企業にとって宣伝や広報は必要不可欠な存在のため、宣伝部や広報部を舞台裏でサポートする役目を担っている。マス広告はもちろん、「口コミ」「報道」「タイアップ」等様々な情報発信手法を組み合わせて広報プランを作成する。

  • WEBプロデューサー

    WEBサイトやスマホアプリなどのデジタルコンテンツを制作する際、プロジェクトに関わる人やお金、スケジュール等を管理・把握する責任者。クライアントの意向を把握することはもちろんだが、会社としての利益もきちんと確保する重要な役割。

  • WEBディレクター

    クライアント企業や商品のプロモーション展開を企画・演出する仕事。WEBコンテンツや映像、グラフィックやリアルイベントなどを連動させ、企業や商品を好きになってもらうための仕掛けづくりを行う。

  • コピーライター

    あらゆる広告コミュニケーションの軸となる「言葉」をつくる仕事。
    商品やサービス、ブランドの特長を出来る限り簡潔にわかりやすく伝え、生活者が使ってみたい、買ってみたいと思うように魅力を引き出す言葉を考える。
    また、最近では文案の作成にとどまらず、商品開発への参加や商品名、商品戦略の考案などを請け負う事も多い。

  • WEBデザイナー

    クライアント企業のコンセプトや企画内容をもとに視覚的表現の制作を行う。全体の構図、写真や文字のデザイン、配置などのデザイン知識はもちろん、WEB制作ではコンテンツ制作からCSSなどコーディングまでその範囲は広がっている。また、UI(見えている画面)だけでなく、驚き感動・使い心地などUX(利用者の体験)までデザインすることも求められることもある。

  • マークアップエンジニア

    アイデアや企画を、技術的に実現する為の開発を行う。デザイナーが制作したデザインを、HTMLやCSSなどのWEB言語を使ってWEBサイトとして構築する(実際に見えるようにする)役割を担う。

  • システムエンジニア

    主にWEBサイト上で使用されるアプリケーションを設計・構築・開発そして運用までを行う。要件定義に沿って作成された仕様書などからWEBシステムをプログラミングしていく。

  • CGデザイナー

    Maya、Autodesk 3dsMax、Adobe After Effects、Photoshop、Illustrator等を使用し、CMをはじめとする幅広い領域の広告映像のCG制作を行う。他のデザイナーや社内のエディターと連携を取りながら、仕事を進めていく。





  • クリエイティブディレクター

    広告の表現戦略からクリエイティブに関わる全てをまとめるリーダー的存在。略称はCD(シー・ディー)。
    企業の戦略を把握し、生活者や市場環境を理解し、コミュニケーションを企画・設計。
    主には広告会社のクリエイティブ部門に所属する人が多いが、最近では広告制作会社も広告主と直接取引をするケースが増えているので、広告制作会社に所属している場合もある。
    経歴もそれぞれで、コピーライターやアートディレクター、CMプランナー等からキャリアアップするケースが多い。

  • ストラテジックプランナー
    (アカウントプランナー)

    広告で商品やサービスを宣伝するための制作活動、そしてそれに関する調査の両方を行う、営業とクリエイティブの橋渡しとなる役割。
    広告主の課題を整理し、調査や効果的な宣伝をする表現方法等を考える。
    多様化する広告手法において、企画コンセプトとアイデアの両方を考えるマルチな能力が求められる。

  • アートディレクター

    広告のビジュアル表現を統括する立場。略称はAD(エー・ディー)。
    広告や雑誌、商品パッケージなどグラフィックのビジュアルイメージをつくる責任者。広告する商品・サービスのコンセプトを基にどんなイメージにするかを考え、それに基づいたアイデアをデザイナーやカメラマンに伝える。企画力だけでなくデザイナーとしての才能も必要。

  • カメラマン

    TV-CMやWEB映像を撮影する映像カメラマンと、グラフィック広告を撮影するスチールフォトグラファーとがある。

  • ライトマン

    TV-CMやWEB映像、グラフィック広告等の撮影において、視覚効果を高めるための照明を演出。カメラマンの指示のもと、共同で作業する。

  • ロケコーディネーター

    広告イメージに合う撮影場所の選定や撮影許可の申請、またロケ中に必要な人材や機材等の手配を行う。


  • SP(プロモーション)プランナー

    マス広告と連動したイベントやキャンペーンなど領域は広く、直接的購買に結びつける仕掛け(仕組み)を考えることが主な目的。
    既存の考えや手法に捉われず、広告主の課題解決をするために自由な発想が常に求められる。

  • PRプランナー

    マスメディアに取り上げてもらい、企業のブランド価値向上や商品・サービスの認知度向上に貢献する。企業にとって宣伝や広報は必要不可欠な存在のため、宣伝部や広報部を舞台裏でサポートする役目を担っている。マス広告はもちろん、「口コミ」「報道」「タイアップ」等様々な情報発信手法を組み合わせて広報プランを作成する。