撮影/編集/機材

映像制作の工程は、企画・制作・撮影等を行なう「プリプロダクション」と、収録した素材の仕上げを行なう「ポストプロダクション」に分類されます。『撮影/編集/機材』では、映像の編集や特殊効果、テロップ等の挿入やCGデザイン、映像に合わせ音楽・効果音・ナレーションなどを追加するMAといったポストプロダクションの仕事、そして、撮影や照明機材に関わる仕事をご紹介します。

  • エディター

    Autodesk社flame や Avid社Media composerなどを使用したCMを中心とする編集業務を行います。
    撮影した素材から構成・つなぎを行う仮編集(オフライン)の後、その素材にCGを合成したり、映像のクオリティを上げたりする最終工程・本編集(オンライン)を行います。

  • カラリスト

    Davinci Resolveを使用したCMを中心とするカラーグレーディング業務を行います。
    ポストプロダクションにおいてカラーグレーディングは編集と同様に重要な工程の一つです。
    オリジナルの撮影素材は最適なカラーグレーディングされる事で、作品が生まれ変わります。

  • CGデザイナー

    Maya、Adobe After Effects、Photoshop、Illustratorを使用し、主にCM等に使用されるCG映像の制作を行ないます。他のデザイナーや社内のエディターと連携を取りながら、仕事を進めていきます。

  • MAミキサー

    MA(マルチオーディオ)とは、映像を編集するオフライン・オンラインに対し、音の編集及び整音を指します。編集済みの映像に対し、現場音声及び各種音素材をミックスし、完成させます。
    また、弊社においては、撮影現場において音声の収録も行ないます。

  • カメラマン

    フィルム・ビデオを問わずカメラ機材の基礎知識を学んだ後、撮影助手を経てカメラマンとなります。
    CMに限らず、映画・ミュージックPVなどあらゆる映像の撮影に対応できるようなオールマイティーなカメラマンとして活躍します。

  • 照明

    照明機材の基礎知識を学んだ後、照明助手を経て照明技師となります。
    CMに限らず、映画・ミュージックPVなどあらゆる映像の撮影に対応できるようなオールマイティーな照明技師として活躍します。

  • DIT(デジタル・イメージング・テクニシャン)

    映像機材についての幅広い知識のもと、撮影から編集までのデジタルワークフローをコントロールします。
    撮影手法の提案や撮影現場での技術運用の統括、映像のトーン作り、簡易的なカラーコレクションなど
    その業務は多岐に渡ります。

  • 営業スタッフ

    CM制作会社からの問い合わせに対して、編集室とエディター・ミキサーのスケジュール調整から作業後の料金交渉まで行います。お客様の予算やスケジュールをふまえ、スムーズに作業が進むよう、技術者との連携も密に取りながら、効率的な編集方法・フローを提案していきます。

社員紹介先輩社員の現場の声をお届けします。