デジタル/インタラクティブ

国内外におけるインタラクティブ広告やプロモーションメディア広告の企画・制作等、クロス・メディア広告を手掛けます。デジタル・インターネットを起点とし、WEBサイト、スマートフォンアプリ、イベント、グラフィック、ソーシャルネットワーク、テレビ番組、TV-CM、WEB映像など「インタラクティブコミュニケーションコンテンツ」を制作するこの分野から、『デジタル/インタラクティブ』という観点で職種紹介です。

  • プロデューサー

    制作プロジェクトのトップに立つ統括責任者。
    制作の実作業に関わるというよりも、クライアントとのここぞという時の折衝や、予算・コスト管理といった営業的な部分、プロジェクト全体を俯瞰的にマネジメントして成功に導くリーダーとしての役割も求められます。

  • ディレクター

    クライアント企業や商品のプロモーション展開を企画・演出する仕事。
    デジタルコンテンツや映像、グラフィックやリアルイベントなどを連動させ、企業や商品を好きになってもらうための仕掛けづくりを行います。ディレクターは、案件の入り口となるクライアントへのプレゼンテーションから、制作ディレクション(表現構成からシステム面まで)全般を担います。

  • デザイナー

    クライアント企業のコンセプトや企画内容をもとに視覚的表現の制作を担います。
    作品全体の構図、写真や文字のデザイン、配置などのデザイン知識はもちろん、WEB制作ではコンテンツ制作からCSSなどコーディングまでその範囲は広がっています。また、UI(見えている画面)だけでなく、驚き感動・使い心地などUX(利用者の体験)までデザインすることもあります。
    WEBサイトに限らず、アプリなどのデジタルコンテンツやグラフィック(紙や看板等)、空間デザインなど、多種多様な場面で求められる職種です。

  • プロジェクトマネージャー

    デジタル技術をベースとしたインタラクティブコンテンツの一連のプロダクション業務の制作進行を担います。
    プロデューサー・ディレクターと共にプロジェクトチームの一員となり、案件の企画から納品・公開までの全ての過程において窓口となりディレクションやマネージメントに携わります。WEBサイトだけではなく、スマートフォンアプリやプロトタイプの開発・ユーザー参加型のイベント運営等も含め、規模が大きく技術難易度の高い案件もあるため、高いマネージメント能力を身につけることができます。

  • テクニカルディレクター

    デジタルコンテンツを制作していく上で、実現するために必要な技術やしくみ、そして最も適した機能などを提案・実装していきます。
    フロントエンドエンジニア(WEBサイトやスマートフォンアプリなどのインターフェイス開発)、バックエンドエンジニア(ユーザーに見えないサーバーやネットワーク側の開発)として経験を積み、技術面での企画提案や制作各部門へのアドバイスなどにも携わっていきます。

社員紹介先輩社員の現場の声をお届けします。