プロデューサー

井手 慎一郎

IDE SHINICHIRO


(株)ティー・ワイ・オー
MONSTER

38歳 2003年入社

Q1.この業界(またはTYOグループ)に入ったきっかけは?
大学卒業後は飲食店で働いていましたが、映像関係の仕事(タモリ倶楽部の「空耳アワー」みたいなものを作りたかった)をやってみたいと思ってこの業界に飛び込みました。
その時勤めていた飲食店の同僚に元制作会社の人がいて、いろんな話を聞き、映像関係の中ではテレビCMの制作をしてみたいと思いました。
映画・テレビCM・PVの中でも予算がたくさんありそうなテレビCMがいいんじゃないかと…。
TYOは最初アルバイトで入社し、約半年後に社員になりました。
Q2.今、どんな仕事(業務・立場・プロジェクト)をしていますか?
テレビCM、グラフィックなどの制作進行における責任者(プロデューサー)です。
テレビCMとグラフィックは半々くらいですね。
Q3.仕事のやりがいは?大変なところは?
OAが始まり、世間の反応がよいと、とても誇らしい気持ちになります。
またクライアントから商品がたくさん売れている、という話を聞くととても嬉しいです。
撮影が終わった瞬間や、編集が終わって完パケしたときの充実感は何十本も経験した今でも気持ちいいです。
大変なところは、土日の作業も少なくないし、時には国をまたいでの仕事もあると、ずっと働いていることになっちゃうことです。
Q4.将来の夢(または目標)は何ですか?
ACCや国際広告賞で大きな賞を獲りたいです。
とはいえ身近なことでいうと、広告代理店・クライアントの皆様と楽しく仕事していきたいなと思います。
Q5.プライベートの楽しみや、こだわりはありますか?
なるだけ身体を動かしたいですね。
30歳越えると痩せたくても痩せられないし。
あと週に1回は何もしない日を作るようにしてます。

井手 慎一郎の一日

  • 06:00
    家を出て空港に向かう。
  • 08:00
    羽田から北京に出発
  • 10:00
    移動
  • 12:00
    現地着、クライアントと待ち合わせ。
  • 14:00
    スタジオにて現地スタッフと合流、翌日の撮影の打ち合わせ
  • 16:00
    NYからカメラマン到着→機材チェック
  • 18:00
    一旦解散。
    ホテルチェックイン
  • 20:00
    クライアントと電話打ち合わせ
    終了後、会食。
  • 24:00
    ホテルに戻りメールチェック、翌日の資料まとめ
  • 26:00
    就寝

TYOグループに入社を希望する
学生にメッセージを

テレビCM制作はとても大変と言われていますが、日本中で流れるコマーシャルを担当することができる、とても充実感を得られる仕事です。自信を持って、この仕事は魅力的であると言えます。
この仕事はやればやるほど、作品の深くまで関われるので、刺激的な充実感を求めるのであればぜひTYOに入社してください!

クリエイターとしてのこだわりの持ち物

携帯バッテリー、充電器

この携帯のバッテリーが無くなると、仕事の進行が止まるのと同じだと思っているので、常に携帯バッテリーは充電満タンにしておきたいです。どこでも充電できるように充電器も忘れたくないですね。

人を知る一覧に戻る