NEWS

2018.10.01

日本最大の広告賞「2018 58th ACC TOKYO CREATIVITY AWARDS」で多数受賞・入賞!

ACC_logo.jpg2018 58th ACC TOKYO CREATIVITY AWARDSにおいて、当社グループが制作に携わった広告作品が受賞及び入賞いたしました。
ACC TOKYO CREATIVITY AWARDSは、一般社団法人全日本シーエム放送連盟(ACC)により1961年に創設された広告賞「ACC CM FESTIVAL」を前身とし、これを継承する形で2017年よりあらゆる領域におけるクリエイティブを対象としたアワードにリニューアルして開催されています。国内で最も規模が大きく、権威のあるアワードの一つとして知られています。
各界を代表するクリエイターや有識者、著名人など総勢 83 名の審査委員による厳正な最終審査が行われ、応募総数2,633本の中から各賞が決定しました。

■当社グループ受賞作品は以下の通りです。


【フィルム部門】
<ACCシルバー>フィルム部門 Aカテゴリー(TVCM)
ヘーホンホヘホハイ 『なに食べてるの』篇
クライアント:日本マクドナルド株式会社
広告会社:ビーコン コミュニケーションズ株式会社、株式会社電通
制作会社:株式会社ティー・ワイ・オー MONSTER
ACCのサイトで詳細を見る

<ACCファイナリスト>フィルム部門 Aカテゴリー(TVCM)
パイロット 「居酒屋篇/健康診断篇/社長篇A」
クライアント:株式会社パイロットコーポレーション
広告会社:株式会社電通
制作会社:株式会社TYOテクニカルランチ TTRフェイス
この作品を見る(居酒屋篇)


キリン氷結 「氷結 あたらしくいこう サイリウムダンス篇」
クライアント:麒麟麦酒株式会社
広告会社:株式会社電通
制作会社:株式会社ティー・ワイ・オー MONSTER

TOWN WORK 「オーディション番組」篇/「何ダウンロードしてるんだ!」篇/「SNS映え」篇/「リュージュ」篇/「アプリ開発者」篇 /「ラップバトル」篇
クライアント:株式会社リクルートジョブズ、株式会社リクルートコミュニケーションズ
広告会社:株式会社電通
制作会社:株式会社ティー・ワイ・オー MONSTER、株式会社AOI Pro.

<ACC地域ファイナリスト(東北)>フィルム部門 Aカテゴリー(TVCM)
新幹線YEAR「みんなでつくる新幹線 秋田」/新幹線YEAR「みんなでつくる新幹線 青森」/新幹線YEAR「みんなでつくる新幹線 山形」
クライアント:東日本旅客鉄道株式会社
広告会社:株式会社ジェイアール東日本企画
制作会社:株式会社ティー・ワイ・オー Camp KAZ

<ACC地域ファイナリスト(関東・甲信越・静)>フィルム部門 Aカテゴリー(TVCM)
新幹線YEAR「みんなでつくる新幹線 長野」/新幹線YEAR「みんなでつくる新幹線 新潟」
クライアント:東日本旅客鉄道株式会社
広告会社:株式会社ジェイアール東日本企画
制作会社:株式会社ティー・ワイ・オー Camp KAZ

R&O 3人娘 求人篇 週休3日制度 改訂
クライアント:医療法人社団アールアンドオー
広告会社:株式会社SBSプロモーション
制作会社:株式会社ティー・ワイ・オー TYO DIRECT

【ブランデッド・コミュニケーション部門】
<ACCブロンズ>ブランデッド・コミュニケーション部門 Bカテゴリー(プロモーション/アクティベーション)
ヘーホンホヘホハイ(ベーコンポテトパイ)
クライアント:日本マクドナルド株式会社
広告会社:ビーコン コミュニケーションズ株式会社、株式会社電通
制作会社:株式会社ティー・ワイ・オー MONSTER
ACCサイトで詳細を見る

<ACCファイナリスト>ブランデッド・コミュニケーション部門 Cカテゴリー(PR)
ProPILOT 「ProPILOT Park RYOKAN」
クライアント:日産自動車株式会社
広告会社:株式会社TBWA\HAKUHODO
制作会社:株式会社ティー・ワイ・オー PRO2、株式会社博報堂アイ・スタジオ

【メディアクリエイティブ部門】
<ACCブロンズ>メディアクリエイティブ部門
週プレ酒場
媒体社名:株式会社集英社
クライアント:株式会社集英社
広告会社:株式会社電通
制作会社:株式会社ティー・ワイ・オー MONSTER、株式会社カイブツ、GOZONJI、株式会社BRAVO、wax trax、株式会社電通ライブ、株式会社ベクトル、株式会社D2C dot、株式会社RYDEN、ipuheke
ACCサイトで詳細を見る


※マーケティング・エフェクティブネス部門受賞作品は、過去リリースをご参照ください。
日本最大の広告賞「2018 58th ACC TOKYO CREATIVITY AWARDS」マーケティング・エフェクティブネス部門で受賞!

■詳細は下記ページでもご覧いただけます。
ACC TOKYO CREATIVITY AWARDS公式サイト

以上