MemberPick up

定時勤務で
制作の現場に
携わることができる

プロダクションマネージャー
2018年度中途入社

Hina Komono

蒋野 妃奈

Profile

歯科技工所勤務2年、カフェ勤務4年、デザイン文具の営業を2年経験し、2018年度中途入社。

About production manager
通称PM。プロデューサーのもとで制作進行を行う職種。クライアント(広告主)や広告会社、制作スタッフへの連絡業務から、撮影場所やスタジオ探し、スケジュール管理などCM制作に関わるありとあらゆる業務を担う。通常、この職種を数年経験し、プロデューサーとなる。
CMの仕事で、プライベートとの両立を実現
趣味で音楽をやっていて、プロモーションビデオも自分でつくっています。そんなことから映像に興味がありTYOに入社しました。仕事の幅が広い、CM制作のクオリティが高い、そして私の場合は、PM業の一部を担う役割なので、プライベートと仕事の両立が可能ということが魅力でした。

定時業務とは言え、毎日やることがたくさんあります。日々、膨大な情報が更新され、PMから突発的な依頼がくることもあり、その都度、迅速に対応しなければいけません。ですから、どうしたら効率的に行えるかをつねに考えて、作業の優先順位を決めて仕事をしています。業務時間内に、やるべきことを終えられたときはやりがいを感じます。この仕事に就いてから、より時間管理を意識するようになりましたね。
イメージ共有なしで、CM制作は進まない
過去にPRO2が手掛けたCMを中心に、さまざまな情報をアーカイブしたり、制作に必要な資料や映像・画像を提案したりするのが私の主な仕事です。CM制作は、クライアントや広告会社からどういう商品でどういうコンセプトかなどのオリエンテーションを受け、企画を立ち上げます。何もないところからのスタートなので、関係者全員がイメージしやすいよう参考となる資料が必要となるのです。私の提案に対して「ありがとう!助かったよ!」と言われるととても嬉しいですね。

また、CM制作の真っただ中は、戦々恐々としていることもありますが、現場から社に戻ったPMがホッとできるように、日々笑顔を大切にしています。
プロ意識が高い人たちに刺激される日々
PRO2は、シャイで人懐っこい人が多いですね。先輩は後輩の面倒をきちんと見てくれますし、失敗しても優しくフォローしてくれます。みんなプロフェッショナルとしての意識が高く、それがCMひとつひとつのクオリティに現れているんですよね。

CMの現場では、私のように制作をサポートしながら定時勤務できる仕事もあります。「CM制作って忙しそう、大変そう」と思って諦めるのではなく、興味が湧いたら挑戦してみてはいかがでしょうか。

Contact