MemberPick up

PMの範疇外にも
おもしろい仕事がある

プロダクションマネージャー
2017年度新卒入社

Masahiro Shimizu

清水 優大

Profile

大学でマスコミュニケーションを学び、2017年度新卒入社。

About production manager
通称PM。プロデューサーのもとで制作進行を行う職種。クライアント(広告主)や広告会社、制作スタッフへの連絡業務から、撮影場所やスタジオ探し、スケジュール管理などCM制作に関わるありとあらゆる業務を担う。通常、この職種を数年経験し、プロデューサーとなる。
ちょっと抜けた愛されキャラで働く
大学の部活で映画を自主制作していた経験から「映像の仕事で生きていきたい」と考え、新卒でTYOに入りました。他の制作会社と違って、TYOグループ内をローテーションして仕事を覚える制度が魅力的だなと思いました。結果、ミュージックビデオの制作やイベントブースのディレクションに携わり、CM制作だけにとどまらないTYO Activationに配属させてもらいました。

PMはテレビ番組のADと同じような仕事と思われがちですが、少し違うと思います。もちろんAD同様、撮影や編集作業などにまつわる細かな仕事も多いのですが、PMの場合は仕事の大部分を制作コストやスケジュール管理が占めます。入社した当初はミスが多くて先輩によく怒られましたが、落ち込んでも仕方ないので、反省はしつつもちょっと抜けているキャラクターを売りにしています。4年目に入るので、そろそろしっかりしないといけませんね。
忙しい中、アイデアを出したらゲームになった!
僕が所属するTYO Activationでは、CM制作以外にも、イベント、WEB、ミュージックビデオ、グラフィックなどさまざまな案件に積極的に取り組んでいます。配属直後に担当したのは2019年元旦新聞広告で、CMとはまったく制作方法が異なり困惑したことを覚えています。けれども周囲の人が助けてくれて無事納品できました。しかも、驚くことにその年の広告賞で部門最優秀賞を受賞したんですよ。

また、僕の企画がそのままブラウザゲームになったときも嬉しかったですね。通常ならプランナーやディレクターがやる企画の仕事ではありますが、自ら提案したところ見事採用となり、その後も、プランナー的な立場で手伝うことが増えました。つねに、与えられた仕事だけでなく自分がやりたいことには自ら率先して取り組むのが僕のポリシーです。
テンパっていると、誰かが自発的に助けてくれる
実は、TYO ActivationのPMは僕ひとり。だから僕が忙しくて目が回りそうなときは、同じフロアで働くPRO2_BEYONDのメンバーにサポートしてもらっています。しかも、上司からの指示ではなく手の空いているPMが自発的に手伝ってくれるんです。もちろん自分に余裕があって、忙しそうなPMがいれば僕も手伝います。また、やりたい案件があれば手を挙げて担当にしてもらえます。思いやりにあふれ、主体性のある人たちがここにいる、それだけで心強いです。

Contact