entry

職種を知る

DIT・カラリスト職

(株)TTR
募集部門:CRANK・PPC

エントリー:5/8(水)AM10:00

深く、広く、色々な映像技術を
習得できる。それがDITの魅力です。

DIT(Digital Imaging Technician) 大舘 悌介

DIT・カラリスト職の仕事

DITの仕事は撮影における技術的な部分を担当するスタッフです。
主にカメラやモニターの調整、現場でのカラーグレーディング、撮影素材の管理、プレイバック、合成、等を担当します。
(DIT=Digital Imaging Technicianの略)
カラリストは、映像編集工程における色の補正作業であるグレーディングを行なうスタッフです。 撮影素材の色彩やトーンなどを調整し、カメラマンや監督が表現したい質感や色を作っていく仕事です。

DITのやりがいと求められること

DITのおもしろみは、色々な機材や技術に触れて知識を増やせる事です。作品の内容は毎回違うので、使う技術も毎回変わります。
監督やカメラマンに相談を受けて、ベストな方法論を考えるのが楽しいです。特殊な案件ほどやりがいを感じます。
大変なのは、新しいカメラや機材が発売される度に、その機材について学習しなければいけないところです。 代わりがきかない撮影データの管理を任されているので、絶対に失敗は許されません。
撮影現場は早いスピードで進む事が多いので、色々な要望に迅速に答えるスピードも求められます。

カラリストのやりがいと求められること

作品のトーンを左右する「色」の調整によって、カメラマンや監督が求める映像を表現できた時は、やりがいを感じます。
色ひとつで作品の雰囲気が変わるので、いいルックが作れた時は、作品の完成がとても楽しみです。
色彩に関する知識はもちろんですが、素材の管理や書き出しなどのデジタルデータに関する知識を身につけることがとても重要です。

item

クリエイターとしてのこだわりの持ち物

オリジナルのDITセット

DITは沢山の機材を使う仕事です。仕事となれば必ず行動を共にするのが、この機材セットです。撮影現場は狭かったり、山だったり、海上だったりしますが、どんな現場でも対応できるよう、コンパクトに軽く、でも機能をそぎ落とさず使いやすいカスタマイズを心がけています。

message

同じ職種を⽬指す学⽣へメッセージ

DITという職種は歴史がまだまだ浅いので、どうやるのが正解なのか、あまり決まりがないです。映像が好きで、研究が好きで、自分で考えるのが好き。そんな人には向いている職業だと思います。
一緒に考えられる。そんな仲間が増えると嬉しいです。TTRには、自分のやりたい事が明確であれば、それができるようにしっかりサポートしてくれる環境がありますよ。

クリエイティブとテクノロジー、すべての映像リソースを持つ、
総合コンテンツメーカーへ

株式会社TTRについて

株式会社TTRは、「映像制作事業」(TTR-FACE/tag.)、「CGI+企画・演出」(MAGIC)、 「ポストプロダクション事業」(PPC)、「撮影・照明スタッフ及び撮影機材レンタル事業」(CRANK)、「ロケーションコーディネート」 (NEGO-TI)の、計 5 つの事業・6 つの部門で構成されています。 映像制作に関するあらゆるリソースを社内に持ち、テレビCMを中心とした映像制作に加え、360 度 VR やシアタームービーなどの次世代の映像制作も手掛けています。

TTRのひとつの部門「CRANK」

CRANKは株式会社TTRにおいて、撮影・照明及び撮影機材レンタルを行なう部門です。
カメラマンや照明技師、DITなどの撮影スタッフが所属しながらも、撮影機材のレンタルを行なっている会社は数少なく、最新の機材にいつでも触れられる環境があります。
DITはCRANKに配属されます。

TTRのひとつの部門「PPC」

PPCは株式会社TTRにおいて、映像編集を行なう部門です。 エディティングからカラーグレーディング、コンポジット、SE、MA まで全てに対応しています。 テレビCMをはじめ、VR、MV、イベント映像などの様々な映像と音声を提供できる卓越した技術スタッフチームがいます。 カラリストはPPCに配属されます

カラリスト・DITの入社後の育成について

基本的にはDITは撮影現場での業務、カラリストは編集室の業務となりますが、TTRでは、社内に撮影部門と編集部門がある強みを生かし、部門をまたいだ育成を行なっていきます。
それぞれの職種の先輩社員とともに、まずは映像や機材の基礎知識を学んでから、適性や本人の志望により、DIT、カラリストを目指していただきます。

選考の流れ

  • 本エントリー

  • 書類選考

  • 面接(3回)

  • 内定

※カラリスト志望の方については、選考過程で「色覚検査」をご提出いただきます。 ※1次面接時に、簡単な筆記試験を行います。


【本エントリー方法】

MY PAGE上で以下のお手続きをお願いします。

①希望職種を選択

②ご自身の顔写真をアップロード

③WEBエントリーシートを提出


選考に関する情報は、全てMY PAGEにお知らせします。

※選考の流れは予定のため、変更の可能性があります。

募集要項

募集内容

募集会社

(株)TTR

事業内容

・撮影・照明スタッフ及び撮影機材レンタル事業(CRANK) ・ポストプロダクション事業(PPC) ・映像制作事業(TTR FACE/tag.) ・CGI制作+企画・演出(MAGIC)

募集職種

DIT・カラリスト職

仕事の内容

現在、映像作品の中で「色」は視聴者に非常に大きな影響を与えます。
DITやカラリストは、監督やカメラマンがイメージした色をスクリーン上で最大限の表現となるように調整することが求められ、また、撮影現場で簡易的なグレーディングを行なったり、収録データの管理をするなど、DITとカラリストは密接なつながりがあります。
DIT(デジタル・イメージング・テクニシャン)は、映像機材についての幅広い知識を持ち、撮影手法の提案や現場での技術運用の統括をし、撮影から編集までのデジタルワークフローをコントロールしていく業務です。
カラリストは、映像編集工程において、撮影素材の色彩やトーンなどを調整し、表現したい質感や色を作っていく、色の補正作業であるグレーディングを行ないます。
TTRでは社内に撮影部門と編集部門がある強みを生かし、部門をまたいだ育成を行なっていきます。
まずは映像や機材の基礎知識を学んでから、適性や本人の志望により、DIT、カラリストを目指していただきます。

求める人物像

・ジャンルに拘らず「映像」に興味のある方 ・一般常識を持ってきちんと行動できる方 ・「撮影を仕事にしたい」「映像が好きだ」という強い意志・意欲を持っている方 ・研究が好きで、自分で考えることが好きな方

募集予定人数

若干名

採用・配属について

(株)TTRでの採用となります

待遇・福利厚生

勤務時間

9時00分~18時00分(休憩60分)

勤務地

東京都港区南麻布

給与

月給:210,000円(予定) ※上記には、固定残業手当(37時間 / 45,750円)、深夜勤務手当(27時間 / 6,650円)を含みます。
超過分は別途支給します。

各種手当

時間外手当、深夜手当、休日出勤手当、通勤手当、住宅手当、こども手当

各種制度

永年勤続表彰制度、退職金制度、財形制度、従業員持株会制度、保養所等

各種保険

健康保険、厚生年金保険、雇用保険、労災保険

休日休暇

※職種によって異なります。
<カラリストの場合>
週休2日制、祝日、特別休暇、年末年始休暇、年次有給休暇、慶弔休暇

<DIT職の場合>
日曜日、祝日、特別休暇、年末年始休暇、年次有給休暇、慶弔休暇

応募方法

応募方法

当社新卒採用サイトよりMY PAGEを開設の上、エントリーをしてください。
以降、選考に関するご連絡はMY PAGEでお知らせします。

注意事項

・本職種において不合格になった⽅は、その他TYOグループの職種(2020年度)は
応募いただけませんのでご了承ください。
・エントリー情報は、TYOグループ新卒採用の目的以外は使用致しません。

応募締切

2019年5月8日(水) AM10:00まで