TYO Recruit

エントリー受付終了

スペシャリスト 映像ディレクター

スペシャリスト/映像ディレクター

entry

仕事紹介

先輩紹介

募集要項

仕事紹介

映像で人の心を動かすために、
その演出面の責任者として
制作現場で指揮をとる仕事です!

魅力的な映像を作り出すクリエイティブリーダーとして、企画の意図(骨格)を汲み取りながら、演出プランとしてどう肉付けしていくかを考え、まとめます。そして、制作の準備に始まり、撮影、編集など、すべてのプロセスにおいてスタッフやキャストにディレクションを与え、最終的にコンテンツを完成させます。

求めるのは個性

映像で心を動かし、世の中に「伝わる」ものを作るために、プランナーやディレクターには強い個性が求められます。
絵コンテを描く画力は訓練や経験を積み重ねることで誰しも上達しますが、映像をユニークにするセンスや、人の目を引くアイデアを生む柔軟な発想力を磨いていくには、それぞれの持つ個性が必要です。
TYOは2022年度新卒採用においては、これまでのポートフォリオ(=経験)の提出を必須とせず、
個性を重視した選考を行う予定です。

TYOのスペシャリスト本部 WHOAREYOU

所属する部署「WHOAREYOU」

入社し、新人研修を終えた後、TYOのスペシャリスト本部 WHOAREYOUに本配属します。
WHOAREYOUは、佐藤渉を筆頭にディレクター、プランナーが6名所属する部署で、
所属するメンバーは、クリエイターに求められる誰にも模倣できない、光る何か=個性を持っています。
本配属後、まずはプランナーとしてキャリアをスタートさせ、自分の個性を武器に活躍する先輩に学びながら経験を重ね、どこにも代役がいない映像ディレクターとなることを目指します。

キャリアについて

映像ディレクターのキャリアステップ

先輩紹介

広告も好き、映像も好き。
私の好きが2つも叶う仕事です。

ディレクター

金野 恵利香2013年入社

映像ディレクターはどんな仕事ですか?

テレビCMの場合、企画の芯が伝わるように演出を考え、それに責任を持つ仕事です。
すごく簡単にお伝えすると、「企画をもらう→演出コンテを考える→演出コンテをプレゼンする→各スタッフと打ち合わせ→撮影→オフライン編集→カラコレ→オンライン編集&MA」という流れで、
ディレクターとして関わり、仕上げていきます。

入社後、研修を経て配属先に。始めの頃はどのように仕事に取り組んでいましたか?

配属後、まずはプランナーとして先輩につきました。先輩のアシスタントとして仕事をしたり、自分が考えた企画も出したりしていました。先輩からはその企画へのフィードバックをもらって勉強をしていましたね。
初めの頃は自分の企画が通るなんてまずないです。半年後ぐらいから、少しずつ企画が通ることが増えてきましたね。 とにかく新入社員の時は、ひたすらがんばって企画を考えるのみでした。

プランナーからディレクターにどのようにシフトしていきましたか?

プロデューサーに依頼されたVコンやメイキングをきっちりこなす中で、つなぎ方の評価をいただくことを重ねる内に、自分を知ってもらって、得意なこととか、自分が作りたいと思うことをアピールしていきましたね。
演出の機会をもらえたら、期待に応えられるよう取り組んでいました。それを重ねて、プランナーからディレクターの仕事へシフトしていきました。

やりがいを感じるのはどんな時ですか?

スタッフの皆さんと「いいものができましたね」という話をしたり、
オンエア後は、周りから「すごい好評みたいです」という世の中の反応を聞けた時に、
やりがいを感じます。
地元が青森なのですが、実家で自分が演出したテレビCMが放送されたときはうれしかったですね。
距離が離れていても伝わり、見てくれている人がいるんだと感動した記憶があります。

ディレクターに求められる素質はなんだと思いますか?

ディレクターは「自分」という人間をしっかりと持っていて、何か突出したモノがないといけないと思っています。
何が好きで、どういうものを作っていきたいかを明確であること、ということかなぁと。
これだけは譲れないものを、自分の中にブレずに軸として持っておくことが大切だと思います。

プロとして心がけていることはありますか?

4年目に、広告祭ADFESTでFabulous Fourを受賞しました。
ディレクターを評価する賞を獲得したのは初めてだったので、とても感慨深かったですね。受賞したことは自分のアピールにもなりますが、自分の力量次第で仕上がりを大きく左右してしまうことへのプレッシャーとやりがいをより感じるようになりました。
これからももっと多くの人に見てもらえる映像をつくっていけるよう、まず自分が充実していなければ!と思い、どれだけ忙しくても1日のどこかで好きなことだけをする、自分のためだけの時間をつくっています。セルフメンテナンスもプロとして大切だなと思っています。

※Fablous Four:タイで開催される広告祭ADFESTが行う、若手監督の育成としたコンペティション。アジアの若手監督にとっての登竜門と言われています。

こだわりアイテム

0.7mmのシャープペンシル

結構前から使っているので、かなりボロボロになっています。
私は、映像ディレクターとしては壊滅的に絵が下手なのですが、このシャープペンシルを使うと、なぜか少しは上手く描けているような気分になるのでずっと愛用しています。
実際に上手くなっているかはわかりませんけどね。笑

学⽣へメッセージ

好きという気持ちがないと続かない仕事です。
広告が好きな人、映像をつくることが好きな人はぜひ!
TYOでの仕事はいろんな色を持つ先輩方の背中を見ることができるのでおもしろいですよ!

募集要項

選考の流れ

書類選考(課題提出)

選考(3回を予定)

最終選考(対面/面接)

内定

ポートフォリオをお持ちの方はご用意ください。
選考において、課題提出を予定しています。

オンライン実施時は、ZOOMを利用します。
最終選考は対面による実施を予定しています。

<本エントリー方法>
MY PAGE上で以下の手続きをお願いします。
①希望職種を選択
②ご自身の顔写真をアップロード
③WEBエントリーシートを提出
選考に関する情報は、全てMY PAGEにお知らせします。

※選考の流れは予定のため、変更の可能性があります。

募集要項

募集内容

募集会社
株式会社TYO
事業内容
広告映像を中心としたコンテンツの戦略立案・企画・制作
募集職種
スペシャリスト/映像ディレクター
仕事の内容

演出におけるすべての指揮をとる仕事です。より魅力的な映像を目指すクリエイティブ面のリーダーとして、企画の意図(骨格)を汲み取りながらどう肉付けしていくかを考え、制作の準備に始まり、実際の撮影、編集の仕上げなど、すべてのプロセスでスタッフやキャストに指示を行います。

求める人物像
  • 広告や映像が好きな方
  • 柔軟な発想をもち、好奇心旺盛で創作意欲が強い方
  • 自分のセンスやアイデアに自信を持っている方
  • 常に自身を高めていく努力を惜しまない方
募集予定人数
若干名

待遇・福利厚生

勤務時間
9:00~18:00(休憩60分)
勤務地
東京都港区
給与

月給240,000円

※上記には、固定残業手当(53時間 / 67,450円)、深夜勤務手当(40時間 / 10,150円)を含みます。

※超過分は別途支給します。

※入社支度金として、入社月に300,000円を支給
(スペシャリストで入社した方のみが対象です)

各種手当
時間外手当、深夜手当、休日出勤手当、通勤手当
各種制度
退職金制度、従業員持株会制度、保養所等
各種保険
健康保険、厚生年金保険、雇用保険、労災保険
休日休暇
週休2日制、祝日、特別休暇、年末年始休暇、年次有給休暇、慶弔休暇

エントリー方法

エントリー条件
どなたでもエントリーできます。
エントリー方法
当社リクルートサイトよりMY PAGEを開設の上、エントリーをしてください。
以降、選考に関するご連絡はMY PAGEにお知らせします。
締切
2021.04.06(火) AM10:00まで(エントリー受付終了)

注意事項

TYOにおいてエントリーできる職種はひとつのみです。
併願はできません。
本職種において不合格となった場合、当社が募集する新卒採用の他職種への応募はできません。